人生の折り返し地点に

ブログ

ふと昔、学生時代に人生の名言集というのを読んでいたことがある。

あれから数十年たって、また手に取って読んでみることにした。

私は人の表の言葉しか読み取れない。

裏の本当の意味や表情があまりくみ取れない。

だからとにかく誤解が多かった。

それを解くこともできず「変わった人」でかたづけられることが多い。

そんなとき「人生の名言集」に出会い、迷ったら読んでいた。

そして迷いながらもなんとか言葉に支えられていた。

しばらく読むことはなくなっていたものの本屋さんでふと見つけ買ってみた。

・・・やっぱり的をえているなぁ。武者小路実篤さんの

「わが行く道に茨多し

されど命の道は一つ

この外に道なし

この道をゆく」

学生時代はこれをずっと唱えていた気がする。いまは人生の折り返し地点を

過ぎつつあるこんな年になるとぐっとくるものが変わってくるんだなぁ。

いまは宇野千代さんの

「一歩を踏み出した人間は

すでに過去は消え

目の前には洋々たる道が

ひらけてくるのです」

いまはこの言葉がしみるなぁ。この先”何か”を期待するのではなく、

“何か”を自分で始めればいろんな道があるような気がして

自分の後半の人生は”初めて”を増やしていきたいな。

臆病で初めてをとにかく回避してきた人生だったから。

同じような悩みがあったり躓いたりしていたら

一度名言を読んでみるのもおすすめですよ(*^_^*)

そのときの気持ちに寄り添った名言がきっとあります。




人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました