不妊治療・・・。

ブログ

先週、元職場に行って、1つめでたいことがあった。

同僚が、不妊治療の末、妊娠していたのだ(*’▽’)

実は私もこの職場にいる時に不妊治療をしていたことがある。

ちょうど8年前で30代後半だった。

まだまだ、不妊治療には理解が浅く、ましてや店長が男性だったため、

なかなか言い出しにくかったが言わないといけないほど簡単ではなかった。

週一回の血液検査、薬を飲み、毎日のホルモン剤の注射。その後の出勤。

朝1番に病院に行き、帰りは夜の10時を回っていた。

なんであの時休まなかったのか・・。不妊治療をしながらにしてストレスを貯めていき、

万を持した採卵の日、大体の人は10個ほどとれるところを2個しか採れなかった。

タイミング療法(排卵日に合わせてタイミングを持つ)、体外受精、その時出来るすべてのことをやった。

結果、2回とも失敗し、

2年がたっていた・・・・。

女性の2年は貴重だ。

半年空けなければ次の治療はできないと言われ、

事実上の終わりを宣告された40歳手前。

なので我が家には子供はいない。だから余計に同僚の努力に拍手を送りたかった。

つらかったのに頑張っていたし、その子も休まなかった。

私が始めた歳より早く始めたのが良かったのかもしれない。

昨今、育児に疲れ、心中や虐待によって幼い命が奪われているニュースをよく目にする。

そんなニュースを見ると心が痛くなる。

もちろん経済的理由やいろいろな要因でその道を選ばざる負えなかったんだろう。

でも・・・でも・・・・。こどもが欲しくても持てなかった家庭もあるんだよ。

子供が持てないと分かった時にどれだけ泣いたかわかる?

不妊治療をしていた人は多分1度は同じ気持ちになると思う。

今は子供がないことに全く後ろめたいなどの気持ちはなくなったけれど、

不妊治療中はかなりメンタルも病んでいたと思う。

親不孝・・。とさえ思っていた。

母の「子供がいることが親孝行じゃないよ。」と言われ救われた。

色んな家庭の形が許される今、不妊治療にもっともっと寛容な社会になってほしいなぁ。

と思いました。ここまでお読みいただきありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキングPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました