渋沢栄一をよんでみた。その②

ブログ

前回は栄一54歳のときまでをまとめましたがとにかく内容が濃すぎて書ききれん!!(; ・`д・´)では晩年の功績とまとめを・・レッツゴー!!

栄一60歳の時、男爵に叙され華族の仲間入りを果たし、商人の地位向上を果たした瞬間でもあったそして栄一64歳の時時の元勲伊藤博文に政友会の党員になるよう求めるが実業家は政治運動はできないと断る。

そして69歳になった栄一はすべての企業の役職を辞任。

引退は大病がきっかけだったとされるが、このころ今の日糖を舞台にした疑獄事件が明るみに。台湾を植民地化していた日本は製糖事業を主要産業にし、法律を作ったこの時限的な法律の延長を求めて衆議院議員20人ほどに現金を配った。そのかいあって延長されたのだ。栄一は相談役に就任していたが全く関係がないとはいえなかった。しかし直接かかわっていなかったがバッシングをうけ大きなダメージを受けたとされる。

スポンサーリンク

69歳の時、日米関係改善に尽力。

このころ日本人がアメリカで労働力として存在していた。しかし長時間で安価な労働力の日本人を排斥する動きが出ていたため民間外交で改善しようとした。一度は治まるも栄一72歳のとき、再燃。また高齢の中渡米し大統領はじめ財界人と会談、日米融和を訴え、

当時アメリカ側にもあった日米関係委員会を日本側にも設立。この時栄一80歳

同じく日中関係にも取り組み中国に鉄道を建設するための援助にやってきた孫文の話に乗り、早速行動。ここがポイント!仕事が早い!
孫文が失脚したので夢と消えたが、この行動力はすげぇとしかいいようがない( ;∀;)

この方の人生は絶対にまねはできないが・・

お金を儲けることが卑しいととらえられがちなこの日本でがむしゃらに商いをし、また反して正々堂々とすれば全く問題ないと説いている。国を大きくするために大きく儲けて大きく使う!そして仕事は趣味のように好きであれ!真面目に働いていればそれは人格として扱われること。志だってコロコロ変わっていい!(渋沢さんだって33歳だそうだ)ただ待っているだけじゃだめだ。行動なんだ。というメッセージが強く響く。本当にすごいひとがいたもんだ。なのになぜいままでクローズアップされなかったんだろう?この人スーパーマンじゃん(; ・`д・´)
本を要約して読める!時間のないあなたに、フライヤーがおすすめ!
人気ブログランキングへゆるい豆地蔵blog - にほんブログ村←よかったらポチっと応援お願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました