衝撃。

まさか、日本でこんなことが起こるなんて。

 

安部元総理が凶弾に倒れた。

 

選挙演説中に。こんな平和な国でこんな痛ましいことが起こるなんて思いもしなかった。

 

急遽応援に入った安部さん。もし、応援に行ってなければ、命は助かったのかな。

 

運命のような気がしてならない。

 

選挙の結果、自民は圧勝。しかし、犠牲はあまりにも大きかった。

 

奈良の選挙区の候補佐藤さんも気の毒でならない。

 

犯人には事の重大さをはっきり認識してもらいたい。

 

自分がどれほどのことをしたのか。

 

私は殺人事件などのドラマが好きだ。こう書くと、ど変態に思われるのだが、

 

殺人にいたるまでの課程や背景に興味をそそられる。トリックや見立てにも興味がある。

 

でも殺人がしたいわけではない。理解されないだろうが、

 

あくまで課程が好きなのだ。なぜ、殺さなければならなかったのか?

 

殺さなければ他には手段はなかったのか?

 

しかし、今回は違う。母親が宗教にのめり込み、その団体が安部元総理と

 

関係があると思い込んだ事による犯行のようだ。

 

全く酌量の余地はない。

 

なんの落ち度もない人が思い込みで殺されたのだから。

 

身勝手な殺人で道半ばで命を奪われた安部元総理が気の毒でならない。

 

日本もアメリカのように警護を見直すべきだ。

 

もう、安全な国ではないのかも知れない。

 

選挙は自民の圧勝。あまり素直に喜べない。

 

今日、安部元総理のお通夜だ。

 

政治家の人たちにはより一層襟を正して日本の平和や経済を担ってもらいたい。

 

今回の一票は重みの違う一票になったのだから。

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました