眠れないときに眠れる方法ってあるの?

お薬 

お正月2日だけ、珍しく眠れた。

 

眠れると体がすっきりする。

 

鬱になってからというもの、4時間睡眠は当たり前。

 

ひどいときには一睡もできない。

 

でも、病院で医師に説明しても

 

なかなか睡眠薬を変えてはくれない(*_*;

 

スポンサーリンク

では、なぜお正月は眠れたのか。

 

①とにかく焦らなかった。

眠ろう眠ろうと考えるのは禁物。悪循環になります。

⓶スマホは絶対ダメ。

スマホをいじっていて寝落ちすることはまぁありません。

目が冴えます。なのでNG。

⓷明かりは出来るだけ暗く。

交感神経が優位に立っているため眠れないといわれています。

副交感神経を優位に持っていくには環境が非常に大事。

⓸快適な温度で。

寒くなく暑くなくの快適な温度で、暗くした部屋で

横になるだけでも、回復するといわれています。

⓹深い息をつく

仰向けでリラックスした姿勢でふかーく息を吸い込み

吐く。これを繰り返すといつの間にか寝ていました。

 

以上がこのお正月に7時間眠れた快眠法です。

このほか百会のつぼなんかも有名ですが、

 

私には効きませんでした

 

なかなか鬱になると眠れませんが、

 

そんなにつらくもありませんでした。(ハイになってた?!)

 

でも、1年9か月ぶりに7時間眠ると、

 

なんてすっきりした目覚めになるのか!!!

 

眠れるってすごいことですね。

 

辛くはないと思っていたのも空元気だったのかも。

 

眠れない皆さん。

 

睡眠薬もいいですが、+でこんな方法を試してみるのも

 

アリですよ?!

 

眠れない方が一人でも減りますように。(^^♪

 

あと、漢方も有名です。睡眠薬が苦手な方、漢方を試してみるのもアリです。

 

たとえば、体力が比較的あり、イライラして眠れない方には

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)がおすすめ



そして、体力あるなしにかかわらずつかえるのが、
いわゆるホットフラッシュ(急に汗が出たり熱くなるなど)で更年期障害的な年齢の方などにもつかえる、
加味逍遙散(かみしょうようさん)がおすすめ。



そのほかには体力が衰え気味で、血色が悪く(ここポイントです)イライラする人向けには
加味帰脾湯(かみきひとう)がおすすめ。


ただし注意点が一つ。漢方は合う合わないがあること。

 

睡眠薬とは一緒に飲まないことが大前提です。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました