登録販売者って必要?

お薬 

登録販売者って必要?

 

という話をよく聞きます。

なんでそんな話が未だに出るのか不思議だったので、

いまお客さんの立場で

考えてみました。

登録販売者は薬だけ売っていればいいわけではありません。

他の部署の品出しもするし、ましてや薬担当以外の担当も持っていたりする。

だから、薬の売り場に行っても誰もいないことが多い。

さぁ、薬のことを聞こうと思っても誰もいないので、やめてしまう・・・。

多分他の発注や品出しをしているんだろう。

ふと見ると、登録販売者らしき制服の人がワインを出していた。

「そりゃ、薬の所に人がいても気が付かないな・・・。もったいないな」

と思ってしまった。

登録販売者はオールマイティなために

薬剤師さんのようにずっと薬の売り場にいることができないのだ。

スポンサーリンク

つまり登録販売者はなんでもできるために本業が見られにくい

ともいえる。

だから、たぶん登録販売者の人たちはかなりいろんな部門の発注や品出し、

知識もあると思う。本当にいろんな仕事をしている。

今更ながらマルチな働きをする職業だ。

だから、今や登録販売者はマルチ人材。

コンビニやドラッグストア、スーパー、

どこの売り場でも対応できるんじゃないだろうか?

だからこそ資格を取れば、ずっと活かせる資格になる。

迷っている人はぜひ受けてみてほしい。

会社が資格を後押ししてくれるところもあるので、

会社に入ってからとるのもアリかな?とも思う。

一度白衣や薄い色の制服を着ている人の動きを見てみてほしい。

すごい色んなところ回っていると思います。

会社にとって登録販売者は絶対必要。これは間違いなし!!!

早く登録販売者が薬だけの仕事に専念できる環境にしてほしい。

そういう職場もあると思うけど、今はまだ少ないとおもう。

popも書ける人が多いし、親切な人が多い。見ていると声をかけられたら話す

従業員と比べ、登録販売者は声をかけている人が多いように思う。

なのでどんどん登録販売者は増えるべきだし、

会社にとってもプラスしかないと思う。

以上、現場よりお伝えしました(*’▽’)

にほんブログ村


人気ブログランキング
市販薬ランキングPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました