傷病手当金が改正。

ブログ

傷病手当金とは、会社で病気やけがなどで働けなくなり、

 

退社を余儀なくされた人が申請し、休職中や退職中の

 

手当がもらえるという制度。

 

以前は体調が戻り、

 

一度復職してもまた体調が悪くなり、

 

退職したとしても最長1年6か月のなかに含まれ、

 

1年休職して半年働いたら、もらえなくなっていたのですが、

 

令和4年1月1日より、治療と仕事の両立の観点から

 

通算化されることになりました(*’▽’)

 

どういうととかというと、

 

例えば、うつになり退職したとします。

 

そして半年たち復職したとします。

 

しかし、また鬱になり体調を崩して休職した場合、

 

その働いていた期間も傷病手当金の期間に含まれていたんです。

 

・最長期間が1年6か月(復職期間も含まれる)

・最長期間1年6か月(復職期間は含まれない)

 

通算化というのは働いている期間は除きますよということ。

 

いままでは(私の場合もですが)、体調に波があるため

 

復職をためらっていた人も多かったと思います。

 

そんな人にも復職してもまた調子が悪くなっても(同じケガや病気に限ります)

 

もらえるんだという安心感につながります。

 

これは大きな緩和だといえます。

 

体調が戻ったかどうかなんて復職してみないと、

 

分からないです。私の場合はその怖さから、

 

復職できずに、1年6か月休んでしまいました。

 

そうなると今度は社会復帰自体が不安になります。

 

この制度が対象となるひとは、令和3年12月31日時点で

 

支給開始から起算して1年6か月経過していない傷病手当金

 

(令和2年7月2日以降に支給が開始された傷病手当金が対象)

 

こういう緩和は大歓迎ですね。(*’▽’)

 

一度復職したらすべての支給がストップするというのは

 

不安しかないですもん。

 

これで、気が楽になる人はたくさんいると思う。

 

しんどくてもがんばって仕事に行って私のように

 

身体がおかしくなってからやめても中々もとには戻りません。

 

早めに休職や退職を思い切ってしてほしい。

 

また帰れるんですし、帰った後もまた悪くなれば

 

収入的にももらえるので安心です。

 
人気ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました