こんな支援金があるんだ!!

ブログ

大暴落に次ぐ大暴落でついに家計が火の車。

 

そんなとき「新型コロナウィルス自立支援金」という郵便物が届き、

 

対象になっていますと。

 

なになに?

対象者は

 

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯(注)で、以下の要件を満たすもの

(注)
・総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/令和4年3月までに借り終わる世帯
・総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
・総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯
<令和4年1月以降は以下も対象>
・緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付を借り終わった世帯/令和4年3月までに借り終わる世帯(再貸付を申請中・利用中の場合を除く)

  • 収入要件
    収入が①②の合算額を超えないこと(月額)
    ①市町村民税均等割非課税額の1/12
    ②生活保護の住宅扶助基準額
    (例: 東京都特別区 単身世帯13.8万円、2人世帯19.4万円、3人世帯24.1万円)
  • 資産要件
    預貯金が①の6倍以下であること(ただし100万円以下)
  • 求職等要件
    以下のいずれかの要件を満たすこと
    ・ハローワークか地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口に求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
    ・就労による自立が困難であり、本給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと
支給額(月額)

単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

※ 住居確保給付金との併給が可能。

支給期間

令和3年7月以降の申請月から3か月
(申請受付は令和4年3月末日まで延長となりました)※厚生労働省ページより

 

つまり、要件をみたすと、月に8万支給されるというもの。

 

早速、市役所へ。

 

生活擁護課へ行き、説明を聞く。

①免許証をコピーされる。

②申請書記入

③失業保険などの収入がわかる通帳のコピー(世帯すべての分)

月額2人178000円以下かどうか

  1. 世帯数1人122000円
  2. 世帯数2人176000円
  3. 世帯数3人331000円
  4. 世帯数4人263000円
  5. 世帯数5人304000円
  6. 世帯数6人350000円
  7. 世帯数7人393000円

 

④貯蓄が78万円以下かどうかの通帳のコピー

  1. 世帯数1人504000円
  2. 世帯数2人780000円
  3. 世帯数3人以上1000000円

そしてそれをクリアした場合、受理されて、

 

その後は

 

  1. 月一回以上の自立支援機関の面接
  2. 月2回以上のハローワークでの面接活動
  3. 原則週一回以上の求人先への応募、面接をうける

なかなか厳しい条件ですがそれを行えば8万円支給されるという。

 

もちろんその期間に就職できればよりオッケーなんですが、

 

今は頼るしか無い家計の状態。

 

今年の目標は夫の就職かな?

 

がんばってもらうしか無い・・・・。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました